• いらっしゃいませ
  • こちらは、銀河英雄伝説の
  • 二次小説メインのサイトです
  • 管理人の趣味と空想の世界で構成されており
  • オリジナルキャラクターを扱っていることを
  • ご了承下さい
  • since.2002. 4.17
  • 管理人:小雪

  • 当サイトに置いてある各画像・小説等の著作権は、それぞれの制作者に帰します
  • このサイトは、個人的なものであり、作者、版権関係者とは一切関係ございません
  • 無断転載をしないでください
  • 感想、ご意見等、どうぞ!
     bi0229-1@actv.ne.jp









  • 管理人より
  • 2019年 10月15日(火)
  • ビッテン&管理人 №11 
    「お祖父ちゃんに逢いたくて遊びに来たよ♪」
    「おっ、ヨーゼフ、久しぶりだな。みんな元気か?」
    「変わりようがないよ。だって、あれから僕たちが成長する話がないんだもの・・・」
    「う~ん、小雪が未来の話をストップさせてしまったからな~」
    「お祖父ちゃん、僕、もっと活躍したいよ!それに、お祖父ちゃんの念願だったお祖母ちゃんとのラブラブのお話はもう終わったんでしょう?」
    「いや、まだ物足りない!それに、小雪だってもう少しアマンダを書きたいって言っているし・・・」
    「そうなんだ・・・。亡くなったお祖母ちゃんのお話や母上の赤ちゃんだった頃の話は、僕も興味はあるけれど・・・」
    (しゅんとなるヨーゼフを見て、心がチクチクするビッテン爺)
    「まあ、なんだ、俺としても孫たちの成長も見たいところでもあるが・・・」
    「だったら、お祖父ちゃん!小雪さんにお願いして頂戴!未来に目を向けて、僕たちの出番を作って欲しいって!」
    「・・・」
    (愛妻アマンダと離れがたいし、まだまだ若き日のままでいたいビッテンが悩む)←それを見たヨーゼフがパッと閃く
    「お祖父ちゃん、僕、良い事を思い付いた!小雪さんに、昔のお話と未来のお話を同時進行を頼んだら?」
    (なるほど!それなら俺はアマンダとも孫達とも一緒にいられる!)頷くビッテン
    「よし、それで小雪を説得してみよう!」
    「頑張ってね、お祖父ちゃん!」

    「・・・」(汗)←二人の会話をこっそり聞いていた管理人(小雪)
  • ※ このコーナで管理人が、ビッテン監視の元<ひっそり公開ダイエット!>をおこなっています(笑)
    途中経過は随時報告し、雑記に納めます。
    印が付いている記事が、<ひっそり公開ダイエット!>関連の記事となりますので~~(^^)