ベンセ湿原の花たち

ベンセ湿原で出会ったいろいろな生き物たちをご紹介します。

さえずり飛翔が特徴
MVI_2643.avi

オオセッカ




早朝、案内板でひと休みしている
カワセミ


隣接する沼で繁殖している
カンムリカイツブリ

6月ごろ湿原でさかんにさえずっている
コジュリン


周辺の林で蝶も見られます

種類が多いトンボ類

【 】はベンセ湿原にて花が見頃の時期を表しています。

  ミツガシワ {りんどう科}
水辺に生える多年草。名は三枚の
小葉をカシの葉にたとえたもの。
約200万年ほど前の氷河期からの残存植物。
最近の文献では、{ミツガシワ科}として分類さ
れている。

【5月】


  サワオグルマ {きく科}
日当たりの良い山間の湿地に生える多年草。
5月のベンセ湿原はサワオグルマの黄色で鮮
やかに彩られる。

【5月中旬】

ツボスミレ(ニョイスミレ) {すみれ科}
山地の湿った草地に普通な多年草。
別名のニョイスミレは葉が僧のもつ仏具に似
ることによる。

【5月〜6月】
          

カキツバタ {あやめ科}
水湿地に生える多年草。
湿原南西側に見られる。
【6月上旬】
トキソウ {らん科}
日当たりのよい酸性の湿地に生える小型
の多年草。

ベンセ湿原では展望台に向って木道を歩く
と点在してみられる。

【6月】

 ニッコウキスゲ {ゆり科}
別名ゼンテイカ
高原や湿原に群生する多年草 。
花は一日花で朝開いて夕方しぼむ。
6月に大群落がみられる。
 【6月上旬〜中旬】

 ミズチドリ {らん科}
山地の湿った草原や湿原に生える。
名は水湿地に生え小さな花をチドリにたと
えたもの。

 花に香りがある。
 【7月】
モウセンゴケ {モウセンゴケ科}
湿地や草原の湿ったところに生える。
葉の表面から粘液を出し、獲物を捕らえる
食虫植物。

6月下旬から7月上旬にかけて白い花が
ノハナショウブ {あやめ科}
湿地や草原の湿ったところに生える。
カキツバタとの違い〜葉の中脈がはっき
りしている。

花の外花被片の基部に黄色の斑紋があ
る。

6月下旬から7月上旬にかけて大群落が
見られる。

【7月】

エゾミソハギ {みそはぎ科}
溝や湿地に多い。
全体に短毛がある。
【8月】
サワギキョウ {ききょう科}
山野の湿地に生え、よく群生する。
沢地に生育することからこの名がある。
【8月】 

     
ツリガネニンジン {ききょう科}
日当たりのよい山野の草地に生える。
根がチョウセンニンジンに似ており、

花が釣鐘形なのでこの名がある。
【8月〜9月】 

 カワラナデシコ {なでしこ科}
山野の日当たりのよい草地や川原など
に生える。

別名ナデシコ。秋の七草のひとつとして
古くから親しまれた野草。

【8月〜9月】
エゾリンドウ {りんどう科}
山地または北方の湿地に生える 多年
草。

【9月】

 シロバナサクラタデ {たで科}
水湿地に生え地下に這う茎のある多年
草。雌雄異株。

【9月】 
ナガボノシロワレモコウ {ばら科}
野原の湿地に生える多年草。
【9月】