ベンセ湿原の花たち

■青森県つがる市にあるベンセ湿原は6月頃ニッコウキスゲがつぎつぎと咲きます。

 7月にはノハナショウブの群落で紫色に彩られます。

 湿地性のラン類や高層湿原でなければみられないモウセンゴケなどもみることができ、学術上貴重な湿原植物の宝庫といわれています。






■ベンセ湿原リポート【2021年11月7日】

「エゾリンドウがまだ見られます!」




「秋色の湿原です!」








■ 2020年5月16日開催のベンセ調査報告会はコロナにより、
2021年春まで延期の予定でしたが、残念ながら2021年での
開催をいったん中止とすることにしました。
コロナが終息し、あらためて開催の際はご案内いたします。