御由緒 史跡紹介 年間行事 うとう考 御祈願 結婚式 神葬祭 お問い合わせ
年間行事
善知鳥神社 版画版

〒030-0803
青森県青森市安方2-7-18
TEL:017-722-4843
FAX:017-723-7166
青森市発祥の地善知鳥神社では古から伝わる、土地柄独特の伝統的行事がたくさんございます。青森市の歴史、伝統、文化を体験してみてはいかがでしょうか。
善知鳥神社 御祭神
初 詣  1月1日  
年頭にあたり、善知鳥神社にお参りして、一年間の無事と平安を祈る行事です。毎年、青森県内最高の人出で賑わいます。
元 旦 祭     
元旦の午前零時、浄世太鼓が鳴り響き、国家の繁栄と人々の安寧を祈ります。
新年特別祈願祭

1月4日〜

 
一年の始まりに各会社が業務安全・商売繁盛・工事安全・社員健康等を祈り、社員一人一人が目標に向かって心を一つにする新年の特別祈祷です。
受験合格祈願祭 1月7日〜    
高校・大学・就職等の受験に大神様のご加護を戴き、努力が実を結びますようにと祈願します。絵馬掛けには、祈りを込めた沢山の合格絵馬が所狭しと並んでいます。
ど ん と 祭 小正月(1月15日)に近い日曜日   どんと祭
伝統ある火祭を継続しつつ、環境問題をも考慮した新しい形のどんと祭です。


年中行事2月
除 厄 祭   2月1日〜末日    
古くから日本人は豊富な経験に基づいて、人生の中で特に気をつけなければならない節目の年を「厄年」と呼び、無事に過ごせますようにと御神前にて祈ってきました。 節分祭
節 分 祭  2月3日  
豆打ちをし災厄や邪気を祓う行事で、縁起の福豆は参拝者に無料で授与されます。
年中行事3月
特別交通安全祈願祭

3月中

   
新車を購入しての祈願だけではなく、一年に一度拝殿前で車をお清めし交通安全を誓います。
人形供養祭 春分の日   人形供養祭
昔から、愛情をもって大切にしてきた人形には魂が宿るといわれております。古くなり使われないままの人形・ぬいぐるみをお持ちいただき、この供養祭にてお焚上げします。

年中行事4月
入 学 祭

4月

  入学祭
新入学児童のランドセル・教科書・筆記用具等をご神前にてお祓いし、健やかな成長と学業成就・交通安全等を祈ります。


年中行事6月
善知鳥商工大祭 6月9日    
「産業繁栄の神・殖産の神」として県内外の企業より厚い崇敬を集めている善知鳥大神の御神徳を賜り、更なる繁栄を祈る祭りです。各企業の代表者が一堂に会します。
善知鳥三光稲荷祭 6月9日・10日    
善知鳥神社末社。古くより商工業の人々に崇敬され、宵宮は大勢の市民で賑わいます。
善知鳥龍神祭 6月16・17日    
善知鳥神社末社。古くより漁業に携わる人々に信仰されています。
夏 越 大 祓 6月30日   夏越大祓
一月から六月までの半年間の罪・穢を祓い清め、夏の暑さにむけて暑気祓いをする節目の神事です。


年中行事9月
善知鳥神社大祭 9月14日・15日   夏越大祓
「青森うとう祭」として市民に親しまれ、最も由緒深い神社最重儀のお祭です。御神輿渡卸・舞楽演奏会・観月茶会・ちびっこザリガニ釣り大会等の多くの催しがあり、沢山の人々で賑わいます。

年中行事10月
七 五 三 祭 9月1日〜11月15日   七五三祭
3才(男・女)、5才(男)、7才(女)の子供のお祝いで、古くから行われていた髪置き、袴着、帯解等、子供の成長と健康を祈る儀式の流れを汲むものです。

年中行事12月
御 幣 立 12月15日〜   御幣立
青森から津軽地方にかけての風習で、正月を迎える前に神棚をきれいにし、御幣と呼ばれる幣帛と御神札を新しくする神迎えの行事です。


年 越 大 祓 12月28日   年越大祓
7月から12月までの半年間の罪・穢を祓い清め、円満幸福な新年となるよう祈る日本古来の神事です。


除 夜 祭 12月31日    
除夜とは夜を除く、すなわち夜がない、したがって寝ないことを意味しており、古くは宮中で、除夜の晩に悪鬼を祓う行事が行われていました。現在では年越しの神事として行われています。