御由緒 史跡紹介 年間行事 うとう考 御祈願 結婚式 神葬祭 お問い合わせ
ご祈祷案内
善知鳥神社 版画版

〒030-0803
青森県青森市安方2-7-18
TEL:017-722-4843
FAX:017-723-7166
善知鳥神社 ○年中無休 9:00〜16:00まで
○駐車場利用  善知鳥パーキングご利用の場合、 無料パーキング券をお渡ししております。  また、交通安全のご祈祷の方は 参道をまっすぐそのまま進み、拝殿の前に駐車して下さい。
○企業・団体でのご祈祷(会社繁栄、商売繁盛、業務安全等)も承っております。

○お持ちして頂くものと致しましては、皆様お気持ちで結構です
御神酒 ご祈祷全般(特に交通安全)
お菓子・赤飯 初宮詣・安産
腹帯 安産
身に付ける長い物 (ネックレス、ネクタイなど) 厄払い

○ご祈祷料 (個人)
神職一名にて奉仕
5,000円
神職一名、巫女一名にて奉仕
8,000円
神職一名、巫女一名にて奉仕 舞を奉納し、御祈念成就に努める
10,000円

○ご祈祷料 (企業・法人) <要予約>
会社繁栄、商売繁盛、業務安全等
25,000円〜
  ※ご予算に応じますので、お気軽にご相談ください
うとう 出張祭典の御案内
○年中無休(午前9時〜午後4時まで、ご予約はお電話にて)
○地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・事務所、店開きその他各種祭典をお受けしております。
○当日は、祭典時間一時間前にお迎えをお願いしております。

○ご祈祷料
個人祭典
15,000円・25,000円・30,000円〜
企業祭典
38,000円・50,000円・70,000円〜
  ※祈祷料は祭典規模・お供えの量で変動します。 詳しくはご連絡願います。

ご祈祷紹介
初宮詣
生後、男子31日(東北地方では110日)、女子33日(東北地方では120日)をめどに神社に参拝し子供の健やかな成長を祈願し、又、氏子の仲間入りをする。

安産祈願
懐妊五ヶ月をめどにして、戌(いぬ)の日に懐胎の祝いと安産を祈願する。

七五三詣
3歳の男女、5歳の男子、7歳の女の子たちが、神社に参拝し、これまで健康で無事に成長してきたことを感謝し、これからの幸福を祈願する

成人報告祭
二十歳になった男女が参拝し、大人としての自覚を深め、これからの社会においての御加護を賜るように祈願する

除厄祭(厄祓い)
人生の中で精神的、肉体的に災難の起こる年として慎むべき年齢を厄年といい、特に大厄には最も気をつける年と言われ、この年にお払いを受け、無事に過ごすための祈願祭。

男子大厄
数え年42才
女子大厄
数え年33才
前厄
数え年41才
前厄
数え年32才
後厄
数え年43才
後厄
数え年34才
小厄
数え年25才
小厄
数え年19才
数え年61才
数え年37才

長寿健康祈願
無事にその年齢に達したことを神前において報告感謝し、更なる長寿を祈り、家族、縁者共々祝う。
 還暦(数え61歳) 生まれ年と同じ干支に巡り合うことから還暦の祝い
 古希(数え70歳) これほどの長寿は古来稀なりとして古希の祝い
 喜寿(数え77歳) 「喜」の草書体を七十七と見て喜寿の祝い
 米寿(数え88歳) 「米」を八十八と書くことから米寿の祝い
 白寿(数え99歳) 「百」から「一」をとって白寿の祝い

交通安全祈願
新車を購入された方または車を買い替えた方が、交通安全を祈願する。

地鎮祭
国土守護神の大地主大神と、産土大神に土地・建物の安全堅固を祈願する。

上棟祭(柱立て)
棟木を棟に上げる(柱を立てる)際、家屋の守護神、工匠の神、産土大神にこれまでの工事の感謝と竣工までの加護を祈願する。

新宅祭
家の神、火の神、水の神、産土大神に建物が無地に完成したことを報告し、感謝すると共に、家屋がいつまでも安全堅固であり、永遠に繁栄することを祈願する。