御由緒 史跡紹介 年間行事 うとう考 御祈願 結婚式 神葬祭 お問い合わせ
神葬祭
善知鳥神社 版画版

〒030-0803
青森県青森市安方2-7-18
TEL:017-722-4843
FAX:017-723-7166
神葬祭 〜人は何処から来て 何処へ行くのか?〜

江戸時代の神官中西直方は「死道百首」の中で次のような歌を詠んでいます。
「日の本に 生れ出でにし 益人は 神より出でて 神に入るなり」

人は両親から肉体を、そして、氏神・産土神から魂を戴き、この現世に人間として現われ、死して肉体は土に戻り、魂は神の元にへ還ると言われています。つまり、「人は神から来て、神に還る」と言えるのです。 こうした、神と人との魂の循環を円滑にする為にも、故人を偲び、祭ることは重要です。これを怠ると死者の魂は死の穢れがいつまで経っても浄化されず、魂は死霊となって彷徨い続けるか、穢れたままの魂がそのまま神の元に還り、次の世代の子供たちの魂までが穢れてしまいます。 神葬祭はこうした、過去から未来へ 先祖代々受け継がれていく魂の 浄化と神霊化へいたる昇華の御祭りなのです。
かくりよ
かくりよ〜かくりよ〜 (死後の世界)

人が死ぬとその魂は先ず、死霊(しれい)として、生前過ごしていた場所に彷徨っていると言われています。死霊は生前の個性と死んだときの死穢(しえ)を持つため、まだ幽世(死後の世界)にはすぐ行けず、現世(うつしよ)との境界線を彷徨っているのです。しかし、故人を偲び・弔う祭りを行なうことで、故人の現世に対する未練は薄れ、死穢は浄化されていきます。こうして、死霊は祖霊となり、三十年・五十年後には神霊となり、その地域や家の安寧を守り、幸福を導く守護神となるといわれています。
式次第
一、納棺の儀 (のうかんのぎ)
   故人の遺体を棺に納めます。一般には身内で葬儀社に手伝ってもらって行ないます。
一、遷霊祭 (せんれいさい)
   故人の霊魂を遺体から霊璽(れいじ)に移す儀式
一、火葬祭 (かそうさい)
   遺体を火葬に附する儀式です。
一、通夜祭 (つやさい)
   古代のもがりの儀式。死者の復活を願って夜を明かします。
一、葬場祭 (そうじょうさい)
   故人の亡骸に対して、最後の別れを告げる儀式です。
一、埋葬祭 (まいそうさい
   火葬の終わった遺骨を墓所に埋納します。
一、帰家祭 (きかさい)
   埋葬も終わり、参列者が家に戻り、葬儀が終了した旨を奉告します。
一、翌日、十日〜五十日祭
   翌日、そして十日おきに五十日まで、故人を弔い、五十日祭には忌明けとなります。
一、百日祭
   百日祭の祭儀です。五十日祭と同じく手厚く行います。
一、一年祭〜
   この一年祭より故人は死霊から祖霊になると言われております。また、この祭まで、故人に対しての拝礼は忍び手で行ないます。以後三年、五年、十年、二十年、三十年、五十年と式年祭(しきねんさい)をとり行い、故人は神霊または祖霊神となります。
お申し込み
お申し込みに関して
・神道では戒名料が要りません。
・奉仕人数は変動することがあります。
・交通費等は喪主様にて負担していただきます。

喪主様準備物等
霊璽、銘旗、墓標(お墓に立てられる場合のみ)遷霊祭〜帰家祭までの祭壇、榊、玉串、祓麻(榊)神饌(お供え物) 準備出来ない場合には、葬儀社に御依頼願います。

当社、参集殿を冠婚葬祭等様々な会場としてお貸ししておりますので、お気軽にご相談ください。

注意点
神葬祭での注意点
神式の葬儀を執り行うにあたり、注意しなくてはならない事がいくつか御座います。

・先ず、御臨終が確認されてから家の神棚に亡くなった事を奉告し、そのあと、すぐに〆と書いた半紙を神棚に張って、以後忌明けの五十日まで拝んではいけません。
・次に神式では仏式の焼香の代わりに玉串奉奠(たまぐしほうてん)をとり行います。玉串奉奠の作法は一般には「二拝二拍手一拝」(二度、深々と礼をした後、拍手を二度打ち、もう一度礼をする)ですが、葬儀に於いては拍手の代わりに音を立てない忍び手を行ないます。
・また、不祝儀袋の表書きは「御玉串料」か「御霊前」と書きます。