法人理念

私たちは、すべての人がお互いに尊重し合い、安心して暮らしていける社会の実現を目指します。

設立について

設立年月日

昭和52年12月5日

設立目的

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、又はその有する能力に応じ自立した日常生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的としています。

設立の背景

知的障害者総合福祉センターの開設に当たり、次の理由から社会福祉事業団設立に至りました。

  1. 公設民営方式による経営、施設志向型の意欲と実践力のある人材を確保できるため、充実した処遇を提供できる。
  2. 行政、民間、学識経験の3者構成による理事会により、広汎な視野に立った法人の運営ができる。
  3. 独創的、実験的運営が可能となる。
  4. 予算執行を効率的・弾力的に行うことができる。

平成14年度からは、広く県民の健康や福祉に係る効率的・効果的な事業の展開をするため、平成14年4月1日に財団法人青森県長寿社会振興財団(平成3年7月1日設立)と統合しました。

事業内容

第一種社会福祉事業

  1. 障害児入所施設八甲学園の経営
  2. 養護老人ホーム安生園の経営
  3. 障害者支援施設しらかば寮の経営
  4. 障害者支援施設さつき寮の経営
  5. 特別養護老人ホームすこやか苑の経営

第二種社会福祉事業

  1. 障害福祉サービス事業の経営
  2. 青森県発達障害者支援センターの受託経営
  3. 老人居宅介護等事業の経営
  4. 相談支援事業の経営
  5. 障害児通所支援事業の経営
  6. 老人短期入所事業の経営

公益を目的とする事業

  1. 青森県長寿社会振興センターの受託経営
  2. 知的障害者職場適応支援事業の受託経営
  3. 日中一時支援事業の受託経営
  4. 青森県県民福祉プラザの受託経営
  5. 居宅介護支援事業所(あんじょう)の経営
  6. 生活塾の事業所(ライフサポートあおば)の経営
  7. 福祉有償運送事業

法人の構成

平成29年4月1日 現在
評議員 沼田 徹 沼田法律事務所 弁護士
鳥山 夏子 現青森市手をつなぐ育成会 副理事長
工藤 昭 現青森県民生委員児童委員協議会 副会長
鳴海 春輝 現弘前厚生学院記念館 館長
佐藤 哲郎 現なつどまり育成会 会長
藤林 正雄 現青森大学 教授
児玉 寛子 現県立保健大学 准教授
理事 佐々木 悟 青森県すこやか福祉事業団 理事長
村上 秀一 青森県医師会 副会長
棟方 光秀 青森県老人福祉協会 副会長
今 保 青森県すこやか福祉事業団 理事
本堂 一作 青森県すこやか福祉事業団 事務局長
小笠原 暁 特別養護老人ホームすこやか苑 施設長
監事 佐々木 信一 佐々木税理士事務所 税理士
丸本 富勝 学識経験者(前明の星短期大学 学科長)

沿革

年月日 旧社会福祉事業団の内容、旧長寿社会振興財団の内容
昭和52年12月5日 法人設立登記完了
同年12月21日 第1回理事会開催
昭和53年1月1日 事業団事務局発足
同年4月1日 精神薄弱者更生施設しらかば寮定員50名の管理運営を受託
昭和54年4月1日 精神薄弱者授産施設さつき寮定員80名の管理運営を受託
昭和55年4月1日 精神薄弱者更生施設しらかば寮増設(高齢者棟)定員30名の管理運営を受託
同年6月1日 親子指導施設・実務研修施設の管理運営を受託
昭和62年4月1日 青森県社会福祉研修所の管理運営を受託
昭和63年10月16日 青森県社会福祉事業団設立10周年記念式典を開催
平成3年7月1日 青森県長寿社会振興財団 法人設立
平成5年4月1日 精神薄弱児施設青森県立八甲学園(定員100名)の管理運営を受託
同年4月1日 養護老人ホーム青森県立安生園(定員100名)の管理運営を受託
同年4月1日 養護老人ホーム青森県立釜臥荘(定員50名)の管理運営を受託
平成6年4月1日 東奥日報新町ビル5階へ移転
事務局を青森市新町二丁目2番11号(東奥日報新町ビル)に移転
平成7年3月24日 理事会において、理事定数「13名」を「15名」に増員
平成10年1月9日 県民福祉プラザ2階へ移転
同年1月14日 事務局を青森市中央三丁目20番30号(県民福祉プラザ)に移転
平成14年3月27日 理事会において、新たに評議員会を組織(評議員31名)
平成17年3月31日 養護老人ホーム青森県立釜臥荘の民間委譲
平成17年12月1日 青森県発達障害者支援センター受託
平成18年3月30日 理事会において、理事定数「15名」から、「10名」に、評議員定数「31名」から、「21名」に変更
平成18年3月31日 青森県社会福祉研修所 廃止
平成18年4月1日 県民福祉プラザ受託(指定管理)
平成18年4月1日 八甲学園において、デイサービス・日中一時支援事業を開設
平成18年10月1日 なつどまりで障害者自立支援法に基づく指定障害福祉サービス事業所へ移行
平成19年3月28日 理事会において、理事定数「10名」から、「9名」に変更
平成19年3月31日 高齢者総合相談センター廃止
平成19年4月1日 事業団独立民営化
平成19年4月1日 八甲学園において多機能型事業所(就労移行支援・自立訓練)を開設
平成20年3月27日 理事会において、理事定数「9名」から、「8名」に、評議員定数「21名」から、「19名」に変更
平成20年4月1日 八甲学園において、自立訓練を廃止し就労継続支援B型を開設
平成20年10月1日 なつどまりさつき寮で就労継続支援B型開設
平成21年4月1日 デイサービスセンターすこやかを青森市千刈に開設
平成22年1月27日 チャレンジド・ショップ「こだわりフードつぼみ」開店(青森市青葉、特定団体)
平成22年4月1日 「ライフサポートあおば」開設
※児童デイサービス、行動援護事業、相談支援事業、居宅介護事業、すこやか生活塾(青森市青葉)
平成22年10月15日 「こだわりの店 福笑」開店(青森空港、特定団体)
平成24年8月20日 「就労サポートセンターさつき」を開所
平成25年3月19日 理事会において、理事定数「8名」から、「9名」に、評議員定数「17名」から、「19名」に変更
平成26年12月1日 「特別養護老人ホームすこやか苑」を開設
平成27年9月1日 「チャレンジサポートすこやか」を開設
平成28年3月31日 親子指導事業、あおもり出会いサポートセンター事業終了
平成29年3月31日 八甲学園において就労移行支援事業廃止
平成29年4月1日 「就労サポートセンターはくちょう」開所