インターネット>>パソコン設定>>メール>>Windows Live メール 2011 / 2012

メール設定方法(Windows Live メール 2011 / 2012 共通)

手順1.「ウイルスチェックサービス設定通知書」(緑/A4)を準備してください。

「ウイルスチェックサービス設定通知書」必要情報

  • メールアドレス
  • メールID (アカウント名)
  • メール初期パスワード

 

手順2.「Windows Live メール 2011 / 2012」を起動しメール設定を行います。

Windows Live メール 2011 / 2012 を起動し、
1.「アカウント」のタブをクリック後、
2.「電子メール」をクリックします。

手順3.アカウント情報を入力します。

1.「電子メールアドレス」「ウイルスチェックサービス設定通知書」内の「メールアドレス」
2.「パスワード」「ウイルスチェックサービス設定通知書」の「メール初期パスワード」
  ※パスワードは小・大文字を区別します
3.「パスワードを保存する(B)」にチェックを入れます。
4.「表示名」
は、フィールド表示名となりますご自由に入力してください。

5.「手動でサーバー設定を構成する(C)」チェックを入れ
6.「次へ」をクリックします。

 

手順4.サーバー情報を入力します。

ご使用メールアドレスにより入力内容が異なります
1.サーバーの種類: POP
  @actv.ne.jp を使用 @mail2.actv.ne.jp を使用
2.サーバーのアドレス(受信) vpop.actv.ne.jp vpop2.actv.ne.jp
3.次を使用して認証する: クリアテキスト
4.ログインユーザー名: 「ウイルスチェックサービス設定通知書」内の
「メールID (アカウント名)」
  @actv.ne.jp を使用 @mail2.actv.ne.jp を使用
5.サーバーのアドレス(送信) vmail.actv.ne.jp vmail2.actv.ne.jp
6.ポート:(送信側) 587
7.認証が必要(A) チェックを入れる

8.
すべて入力後「次へ」

手順5.完了します。

1.「完了」をクリックし、設定ウィザードを閉じます。

手順6.プロパティを開きます。

1.「アカウント」から
2.「プロパティ」をクリックします。

手順7.詳細設定を変更します。

「プロパティ」のウインドウが表示されましたら、
1.「詳細設定」のタブをクリックし、
2.「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」からチェックをはずします

3.「OK」ボタンをクリックして、ウィンドウを閉じます。
以上で設定は完了です。

メール送受信の確認

送信テスト

ホーム」のタブにある「電子メールメッセージ」をクリックします。

自分のメールアドレス宛先に入力し、適当な件名と本文を入れ「送信」で送信しましょう。

受信テスト

ホーム」のタブにある「送受信」をクリックするとメールを受信します。

エラーが表示されず、先ほど送信したテストメールが受信できれば受信設定は問題ありません。

ログオン画面が表示され、「ユーザー名」「パスワード」を聞かれる場合には、設定に誤りがあるようです。
設定を再度見直してください。設定を見直す場合は、「アカウント」タブにある、「プロパティ」をクリックします。

エラーが表示されなければ、メール設定は無事完了しました。

戻る